【みんなどうしてる?】出産祝いのお礼連絡はLINEでも良い?

2022年6月12日

内祝いマナーの本音を200人にアンケートしたベンゾーです。

この記事では「出産祝いをもらった際のお礼連絡の仕方」を解説していきます。

読んで欲しい方はこちら

こんな方向け
  • 他の人は出産祝いのお礼連絡をどうしてるか気になる
  • 電話か手紙にするべきか
  • LINEで済ましても良いのか
ニシマツさん

出産祝いたくさんもらえて嬉しいけど、育児しながらお礼の連絡をするのって大変。。。

育児をしながらゆっくり手紙を書いたり電話をする時間が無い。

出産祝いのお礼連絡のマナーを調べたら「電話や手紙が必須」らしい。

本当にみんなやってるの??

ベンゾー

そんな疑問を解決するために、200人にアンケートを取ってみました。

この記事を見ればお礼連絡はLINEで良いことがわかり、0歳育児にかける時間を増やせます。

この他、内祝いを渡すとき本当に必要なマナーを「【200人に聞いた】内祝いの渡し方とは?|非常識と思われずに手配を進めよう」でまとめて解説。

200人に聞いたアンケート結果から、非常識と思われない内祝いの渡し方を解説しています。

【結論】出産祝いのお礼はLINEで連絡すればOK

アンケートによると、「LINEで良い」という回答が多数派でした。

つまり出産祝いが届いた後にすることは、贈ってくれた方にLINEで「ありがとう!」と伝えることです。

ニシマツさん

大事なのは「気持ち」。「伝え方」じゃないって感じだね!

【一般的マナー】手紙でお礼は必須。それがマナー

出産祝いが届いたら、到着の報告も兼ねてまずは電話でお礼をしましょう。このお礼は、必ず電話でするのがマナーです。メールやSNSでは失礼にあたります。

引用元:出産祝い選び方ガイド-Rakuten

一般的マナーを調べると、上記のような解説が見つかります。

「必ず電話」という強調がすごいですね。SNSってのはLINEやTwitter・インスタなんかのことでしょうね。

ニシマツさん

電話なんて、赤ちゃんの世話しながらできる気がしない・・・

メールならOKでも、LINE等SNSは失礼

OK
NG
  • 電話
  • メール(NG派もいる)
  • SNS、LINE
  • メール(OK派もいる)

今回引用したサイトでは「必ず電話」と強調していますが、他のサイトを見ていると「電話もしくはメールにすべき」という解説もありました。

ただし、「LINEなどSNSでのお礼は失礼」という意見はほぼそろっていました。

ニシマツさん

メールはOKでLINEはNGってなんなんだろう・・・

【アンケート結果】半数以上がLINE。電話や手紙は2割以下

出産祝いをもらった人は、内祝いと別にお礼の連絡をするべきですか?
電話でお礼するべき
9.5%
手紙でお礼するべき
3.5%
電話か手紙でお礼するべき
19.5%
LINEでお礼しても良い
58%
お礼の連絡はいらない
9.5%

200人にアンケートをした結果、「LINEでOK」としたのが約6割。

つまり出産祝いが届いたら、「お祝い届いたよ!ありがとう!使わせてもらうね!」とかってとりあえず送ればOK。

特に女性はLINEでOK派が多数

特に女性の場合は7割近くがLINEでOKと回答しています。

逆に電話や手紙にするべきと答えたのは1割未満。

ベンゾー

0歳育児の大変さをイメージできてる結果だと思います

ただし相手が50代以上の場合は手紙か電話にする

性別・各年代で圧倒的に「LINEでOK」という回答が多い中、50代以上の男女については「手紙か電話」派の方が多くなりました。

ほとんど誤差のような票数でしたが、他の年代ではLINEが圧倒的多数派ってことを踏まえると。。。

ベンゾー

50代以上には手紙や電話が無難かもしれませんね。

ニシマツさん

両親、祖父母、親戚の叔父叔母には手紙か電話が良いかもね

まとめ|出産祝いのお礼連絡はLINEでも良い?

まとめ
  • お礼連絡はLINEでOK派が半数以上
  • 特に女性はLINE派が多い
  • 50代以上には手紙か電話が良い
  • マナー的には手紙か電話が必須

出産祝いは0歳0ヶ月のときに来ることが多いので、なるべく時間のかかることが避けたいところ。

手紙や電話はどうしても時間がかかるので、LINEで済ませられるところはLINEで行きましょう!

ニシマツさん

たくさん出産祝いが届くから、LINEでお礼できると助かる!

この他、内祝いを渡すとき本当に必要なマナーを「【200人に聞いた】内祝いの渡し方とは?|非常識と思われずに手配を進めよう」でまとめて解説。

ベンゾー

200人に聞いたアンケート結果から、非常識と思われない内祝いの渡し方を解説しています。

この記事がSNSで拡散されれば、内祝いで迷う人が減るきっかけになります。ぜひ下のボタンを押して、新しいマナーを広めるご協力お願いします。

Twitterで拡散!

200人に聞いた!

無難な内祝いを見る

内祝いの流れがわかる

内祝いの流れTOPに戻る